fc2ブログ

えセレブ日記

えセレブを目指す、新米ママの日常を綴ります。。。

秋の実りのキャラメルナッツリースタルト

 
今日は自信作のご紹介です!!! 

マンスリーレシピを担当させて頂いている馬嶋屋菓子道具店さんの11月マンスリーレシピが公開となりました♪

レシピ作成の際、頭の中でイメージを膨らませていても作ってみるとボツになることも多々。

でも今回のレシピは、コレコレコレ~!!! 超イメージどおり!!! 



キャラメルナッツタルト


  
サクサクタルトの中にダマンドを入れて焼き、キャラメルをまとわせたナッツ類をふんだんに乗せてみました。

ナッツそれぞれの風味や食感がアクセントになって、かなり美味しい♪

それぞれのナッツの割合はバランスを考えて配合してみました。ピスタチオがとても良い仕事をしてくれます☆ グッジョブ!ピスタチオ君! 小さいのに働き者!

とはいえ、ナッツをこのために全部揃えるのは大変なので、それぞれお好みの配合で楽しんでみてくださいね♪
 

キャラメルナッツリースタルト   18cmタルト型 + 6cmセルクル

【シュクレ生地】

無塩バター 75g

粉糖 50g

全卵 25g

アーモンドプードル 20g

薄力粉 125g

ベーキングパウダー 小さじ1/8

①室温にもどした無塩バター75gを木べらで混ぜてやわらかくしておき、粉糖を何回かに分けて加え、そのつどよく混ぜる。

②全卵を①に少しずつ加え混ぜあわせる。

③ふるっておいたアーモンドプードルを②に加え混ぜ合わせる。

④合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加え混ぜ合わせ、8割混ざったら、生地をすりつぶすように混ぜ合わせる。

⑤ラップに包み、冷蔵庫で一晩ねかせる。

【ダマンド生地】

無塩バター 50g

グラニュー糖 50g

全卵 40g

アーモンドプードル 50g

ラム酒 5g

①室温にもどした無塩バターを木べらで混ぜてやわらくしておき、グラニュー糖を加えて泡立て器で混ぜ合わせる。

②全卵を、①に少しずつ加えて混ぜ合わせる(泡立てないように)

③アーモンドパウダーをとラム酒を②に加えて混ぜ合わせる。

④ラップに包み、冷蔵庫で一晩ねかせる。

【キャラメルナッツ】

皮付きアーモンド 40g

ヘーゼルナッツ 30g

カシューナッツ 20g

くるみ 10g

ピスタチオ 10g

★無塩バター 40g

★はちみつ 20g

★グラニュー糖 55g

★水飴 5g

生クリーム 70cc

①ナッツ類をオーブンシートを敷いた天板に乗せて160度で6~7分焼く。

②★の無塩バター、はちみつ、グラニュー糖、水飴を小鍋に入れ薄く色づくまで煮たら

少し温めておいた生クリームとナッツを加えて1分ほど加熱し火を止め冷ます。

【組み立て】

①タルト型の内側とセルクル型の外側にバターを薄くぬっておく。

②タルト型にシュクレ生地を敷き込む。

③中央をセルクルで抜き、余った生地を長方形のリボン状にして中央のセルクルの周囲を覆い底面と繋ぐ。

④フォークなどでピケしたら冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。

⑤ダマンド生地をもう一度よく混ぜ、④の中に詰める。

⑥160度のオーブンで35分焼く。

⑦完全に冷めたら、①のナッツを乗せる。




 
 
 【 今日の えセレブ  的一口メモ 】



  ☆ キャラメルナッツタルト。ピスタチオが美味しいので必須!

 

      



オフィシャルパートナーバナー
 

スポンサーサイト



キャラメル生シフォンケーキ☆

 


マイブーム到来中のローズ絞り。なんでもかんでもローズ絞りしたくなります(笑)

コチラは、子どもたちのオヤツにと作ったシフォンケーキで遊んでみました♪



キャラメル生シフォンケーキ

★ キャラメルマーブル生シフォンケーキ ★


なんとなくこの日の気分がキャラメル味だったので、キャラメルマーブルシフォンにしてみました♪

でもこの組み合わせ、、、美味しくないわけがない!

プレーン好きの長男くんも、これくらいなら大丈夫♪と美味しそうに食べてくれました!


 シフォン型 17cm 1台

【キャラメル】
グラニュー糖 15g
水       3g
生クリーム   30g

【シフォン】
卵黄 60g
上白糖 30g
サラダ油 30cc
牛乳 50cc
薄力粉 80g
ベーキングパウダー 1.5g
卵白 120g
上白糖 40g

【生クリーム】
生クリーム150cc
グラニュー糖 8g

1.型にはなにも塗らない。オーブンは180度に予熱しておく。
2.小鍋にグラニュー糖と水を入れ火にかけ、茶褐色になったら温めた生クリームを加え冷ましておく。
3. 上白糖は粗めのザルなどでふるう。
4. 薄力粉、ベーキングパウダーを合わせてふるう。
5. 卵黄に上白糖30gを加え泡だて器でしっかりとすり混ぜる。白っぽくなるまで時間をかけて混ぜる。
6. サラダ油、牛乳を順に加え、混ぜ合わせる。
7. ふるっておいた薄力粉、ベーキングパウダーを加え、泡だて器でグルグルと混ぜ合わせる。
8. 卵白を泡だて器でかるくコシを切るように混ぜ合わせ、ハンドミキサーに持ち替え、泡立て始める。
9. 少しボリュームが出始めたら上白糖40gを3回に分けて加えながら、弾力のあるしなやかなメレンゲを作る。
10. メレンゲの1/4を7.に加えグルグルと泡だて器で均一に混ぜ合わせる。
11. 残りのメレンゲを2回に分けて加え、ゴムベラでさっくりと泡を消さないように混ぜ合わせる。
12.生地を50gほど取り、最初に作っておいたキャラメルを入れて混ぜ合わせる。
13.12を生地に戻し大きく3回ほどさっくりと混ぜる。
14. 型に一気に生地を流し込み、型ごとゆすって平らにならす。
15. 180度のオーブンで30-35分焼く。
16. オーブンから出してすぐに逆さにして、型の穴に瓶などを刺しこみそのまま冷ます。
17. 完全に冷めたら、生地の周囲からはずすように手で押さえながらシフォンナイフやペティナイフなどをさしこみ一周させ、中心は竹串などではずす。
18. ナイフで底面も型から外し、お皿の上にひっくり返して取り出す。
19.菜箸を使ってシフォンケーキに8ヶ所、高さの2/3くらいの穴をあける。
20.氷水にあてながら泡立てた生クリームを丸口金をつけた絞り袋につめ、穴にたっぷりと注入する。
21.20の口金の上に星口金を重ねて、バラ絞りする
 


生シフォンケーキと出会ってから、我が家、、、生クリーム入っていないとブーイング(笑)

最近は生クリームが余ったときの消費方法は、生シフォンかロールケーキのどちらかに♪

クリスマスに向けて、生シフォンクリスマスバージョンも考えたいと思います!

 
 
 
 
 

【 今日の えセレブ  的一口メモ 】



  ☆ キャラメル生地と生クリーム♪ 至福の組み合わせ!!!

 

      



オフィシャルパートナーバナー
 









ボンヌママン☆Wジャムチーズテリーヌ



少し間が空いてしまいましたが、気づけば肌寒い季節となり、大好きな季節の到来に一人でワクワクしております♪

アップが追いついていませんが、色々と作っています♪ 早くアップしないと季節外れになってしまいますね(焦)

今日ご紹介するのは、cottaさんのお仕事でレシピ開発させて頂いたコチラ!




 チーズテリーヌ 



生地にはアプリコットジャムを入れ、ラズベリージャムをアクセントとして仕上げています♪

ボンヌママンのジャムは、混ぜ込むにも、フィリングとして入れるにもちょうど絶妙なかたさなのがお気に入り!

カットしたときに、チラリと赤いジャムが出るように作ってみました☆

今回は 「 ボンブママン 秋のおすすめ4種 」にご紹介頂いたのですが、ボンヌママン好きの私としては魅力的なレシピがいっぱい!

以前ご紹介させて頂いた「 ボンヌママン☆ミルクジャム生シフォンケーキ 」 も引き続き掲載頂いていますので、ぜひチェックしてみてくださいね☆




ボンヌママン


  




 【 今日の えセレブ  的一口メモ 】



  ☆ ボンヌママンジャム。どれも美味しくてオススメです♪

 

      
オフィシャルパートナーバナー


ほねほねクッキーアイシング☆死者の日

 

いつもお仕事させて頂いている、cottaさん! 毎シーズン、ハロウィンなどのイベントには可愛いオリジナルグッズが発売されるので、いつも楽しみにしています。

そんなオリジナル商品の中でも、毎回可愛い~と、どんどん我が家にもお迎えしてしまうスタンプクッキー型! 今年も可愛くて悶絶!

今回はそんな可愛い「 ほねほねスタンプクッキー 」を使ってアイシングクッキーを作らせてもらいました。

もちろんそのままでも可愛いのですが、このデザインを見た瞬間、閃いたのがコチラ☆


死者の日

★ 死者の日☆アイシング ★ 
 
死者の日とは、メキシコの伝統行事の一つで、家族や友人が集まり故人へ思いを馳せて語り合う、お盆にも似た行事だそうです。

名前とは裏腹に華やかな装飾が有名で、とにかく鮮やかで見ているだけで楽しくなります。

本来厳密に言うとハロウィンとは違うのですが、今回はハロウィン向けのお菓子のイメージも取り入れつつ、死者の日らしい模様を顔に描いてみました♪

個人的にこちら、、、かなりお気に入り♪ 

顔のペイントは最初から考えていたのですが、作ってみるとボディが少し寂しかったので、ポシェット風にお花をぶら下げて見たのですが、、、

骸骨にポシェット!シュール(笑) でも好き~♪

スタンプクッキーのおかげで最初から骨の部分に溝があるため、アイシングも楽勝!

少し変わったハロウィンスィーツをお探しお方に、オススメです☆
 
 


【 今日の えセレブ  的一口メモ 】



  ☆ ほねほねスタンプクッキー♪ アイシングしなくても可愛いです♪

 

      


オフィシャルパートナーバナー 
 

モンブランフィナンシェ☆



レシピ提供させて頂いている、馬嶋屋菓子道具店さんのマンスリーレシピが今月も公開となりました♪

今月は我が家でも大人気のモンブラン。昔から私も大好きで、形を変えて色々なバージョンを作っています。

普段はタルトで作ることが多いのですが、今回は松永製作所さんの深型フィナンシェ型を使って土台を作ってみました。
 


モンブランフィナンシェ




こちら、サイズ感が最高!!! 普段作るタルトは少しボリューミーだと思っていたのですが、こちらかなりちょうど良い♪

そしてフィナンシェの贅沢なバターの香りとモンブラン、美味しくないわけがない(笑)

少し小さめで、デザートなどにもオススメです♪





【マロンフィナンシェ】
卵白          75g
グラニュー糖      70g
水飴          15g
薄力粉         15g
強力粉         15g
アーモンドプードル   30g
無塩バター       75g
マロングラッセ     40g





①型にバター(分量外)を塗っておく。
②強力粉と薄力粉を合わせてふるっておく。
(フランスの粉に近づけるため強力粉と薄力粉を配合。なければ薄力粉30gでもOK)
③アーモンドプードルは粗めのザルなどでふるう。
④小鍋に無塩バターを入れ火にかけ、少し色がつき泡が細かくなってきたらスプーンでかき混ぜ中の様子を見ながら、沈殿物が濃い茶色になるまで弱火で加熱する。
⑤ボウルに卵白、グラニュー糖、水あめを加え、泡立て器でキメの細かい泡が出来るまで混ぜる。
⑥アーモンドプードルを加え、泡だて器でグルグルと混ぜ合わせる。(泡立てない)
⑦ふるった強力粉、薄力粉を加えて、泡だて器でグルグルと混ぜ合わせる。(泡立てない)
⑧4.の焦がしバターをヒモ状に垂らしながら混ぜ合わせる。(泡立てない)
⑨マロングラッセを細かくしたものを加え混ぜ合わせる。
⑩生地を丸口金をつけた絞り袋に入れ、型の9分目まで絞る。
⑪200℃のオーブンで4分焼き、170℃の下げて13分ほど焼く。(焼き色を見て調節)





【モンブラン】
マロンペースト      150g
ラム酒           4g
マロンクリーム       75g
無塩バター         15g
生クリーム        110g
グラニュー糖        5g
①マロンペーストにラム酒を入れ練り、マロンクリーム、室温に戻した無塩バターを加え混ぜる。
②1を裏濾す。
③生クリームにグラニュー糖を加え、氷水にあてながら、8分立てにする。
④③の生クリームのうち50gを2に加え、混ぜ合わせる。(残りの生クリームはとっておく)
⑤完全に冷めたフィナンシェの上に、4の残りの生クリームを丸口金をつけた絞り袋に入れ絞り出す。
⑥パレットナイフを使って形を整える。
⑦モンブランクリームを一定のリズムで絞り出し、サイドをペティナイフなどでカットして整え、お好みでマロングラッセやローストヘーゼルナッツを飾る。
  
 
ちょっとしたこだわりですが、ロールケーキや長方形の形のモンブランを作る際は、絞ったあとペティナイフなどでサイドをカットするとスタイリッシュに仕上がるのでお気に入り♪



モンブランフィナンシェ2

★ ペティナイフでカット ★



工程写真付きのレシピは、馬嶋屋菓子道具店さんでご紹介頂いていますので、ぜひチェックしてみてください☆
 
 
 




【 今日の えセレブ  的一口メモ 】



  ☆ フィナンシェ型を使ってのモンブラン。オススメです♪

 

      



オフィシャルパートナーバナー