えセレブ日記 2011年08月

栗のコンベルサシオン♪

►2011/08/31 22:55 


皆様、申し訳ありませんっ!  夏風邪にみまわれ、完全ノックダウン状態になっておりました(悲)

久々の38度越えの発熱、頭痛、腹痛のトリプルパンチにより、朦朧としながらのお布団生活。

王子の突然ダウンから始まり、見事なまでの家族リレー!全員交代で病院にお世話になり、ようやく回復の兆しが! 

まだお薬に頼っていますが、何とか今日は通常通りに家事がこなせ、ようやくお家全体に広がっていた負のオーラを払しょく?

一番最初に回復しているのに遊んでもらえない王子は、ストレスがたまっているようなので、明日からはし~っかり遊んであげたいと思います☆

さてさて、復帰第一弾はもちろんお菓子を作る余裕はまだなかったので、恐怖の夏風邪スパイラル前に作ったものを~♪


栗のコンベルサシオン♪


★ 栗のコンベルサシオン ★


こちら、、、昨年もご紹介させて頂いたのですが、とにかく我が家の人気者!!!

お菓子について詳しくない家族ですら、私がチマチマ作業をしていると 「 おぉ~これは例の♪ 」 と目が輝きます♪

秋向きのお菓子を試作するために、今年はドドーンと「 栗の渋皮煮 」 を大瓶で大人買いしたので、早速コチラを作ってみましたー♪


栗のコンベルサシオンカット♪


★ 栗のコンベルサシオン カット ★



コンベルサシオンとは簡単に言うと、パート・フィユテ(パイ生地)の中に、ダマンド(アーモンドクリーム)を詰め込み、パート・フィユテで蓋をして、その上にグラスロワイヤル(アイシング)をかけたお菓子。

一口かじれば、パイ生地のサクサク感、そしてアイシングのカリカリ感が楽しめ、その楽しそうな音が「 女の子のおしゃべり 」に似ていることから 「 おしゃべり(コンベルサシオン) 」 と名づけられたフランスのお菓子です。

そんな伝統的なお菓子に、勝手にアレンジしていいものか?という感じなのですが、思いつきで大好きな栗とチェリージャムを入れたところ、、、すごーく美味しかったので今年もチャレンジ!

今回は、チェリージャムの代わりに、ベリー系MIXジャムを入れてみたのですが、こちらもまた旨し☆

うんうん。いいわぁ~♪ 秋を感じるっ! 今年の秋はこちらをぜひ試して頂きたい私ですっ!

ということで、ちょっぴり工程が長いですが、レシピのご紹介を♪


栗のコンベルサシオン

【パートフィユテ】
薄力粉       40g
強力粉       40g
無塩バター    65g
★塩        少々
★冷水       40cc
★酢        小さじ1/2

【クレームダマンド】
無塩バター       50g
グラニュー糖      50g
アーモンドプードル  50g
全卵           40g
ブランデー        5g
  

【ガルニチュール】
栗の渋皮煮       3個
ベリージャム      30g

【グラス・ロワイヤル】
粉糖           50g
卵白           10g
レモン汁         少々



パート・フィユテ
① 強力粉、薄力粉は合わせてふるい、冷蔵庫で冷やす。
② バターを1cm角に切り、①の上にのせバラバラにし冷蔵庫で冷やす。
③ ★の水・酢・塩を混ぜ冷蔵庫で冷やす。
④ ②の中央にくぼみを作り③を加えたら、こねないように混ぜる。
⑤ スケッパーでバターを切りながら混ぜ、様子をみて霧吹きで水分を足す。
⑥ 弾力が出てきたら、1つにまとめラップに包み冷蔵庫で1時間冷やす。
⑦ 打ち粉をした台にのせ生地を優しく徐々に長方形にのばしていく。
⑧ 18cm×36cmになったら3つ折りにして、90度向きを変え再び伸ばし
   4つ折りにしたら冷蔵庫で一時間冷やす。
⑨ ⑧の作業をあと2回繰り返し、冷蔵庫でしっかりと冷やす。

クレーム・ダマンド
① 室温に戻したバターをゴムべらで均一に混ぜ、グラニュー糖を加え泡立て器で
  白っぽくなるまですりまぜる。
② 卵を少しずつ加えながら混ぜ、続けてふるったアーモンドプードルを加えて
  混ぜ合わせる。(泡立てないように)
③ ブランデーを加えて混ぜ冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

組み立て
① パートフィユテを40cm×30cmに伸ばし、直径8cmと10cmの丸型で6個ずつ
  キリヌキ冷蔵庫で一時間休ませる。
② 余った生地から8cm×2mmの紐を24本作り、冷蔵庫で一時間休ませる。
③ 卵白に粉糖を入れ泡立て器でひたすら混ぜ合わせ、すくったときに跡がつく
  まで泡立てラップをして冷蔵庫に入れておく。
④ ブリオッシュ型にバターを塗り、①の10cmの生地を敷きこむ。
⑤ ベリージャムを5g入れる。
⑥ クレームダマンドを絞り入れ、半分に切った渋皮煮を真中に埋め込み、さらにダマンドを
  8分目まで絞る。
⑦ 塗り卵を生地のふちにして、8cmの生地を被せ蓋をする。
⑧ はみ出した余分な生地は切り落とす。
⑨ ③をパレットナイフで生地がすけない程度に塗る。
⑩ ②を4本ずつ格子模様になるようにおく。
⑪ 5分ほどおいてグラスをかわかす。
⑫ 天板に並べて190度のオーブンで18分焼く。
   焼き色がつきすぎるようであれば、アルミホイルを被せる。


    ※ ジャムはフランボワーズ、チェリーなどお好みのもので大丈夫です♪

コンベルサシオン工程1    コンベルサシオン工程2   コンベルサシオン工程3


うーん。。。相変わらず工程が長くて、病み上がりに書いていたらクラクラしてきました(笑)

でもっ! フィユテを作るのは面倒だけど、ちょっと作ってみたい気がする。。。と思って頂けた方☆

冷凍パイシートという手もありますので、良かったら作ってみてくださいねー☆

ご参考までに。。。。



   ← これまた10個セットシリーズ♪ 735円。。。お安い♪
                      


そして、、、、ダウンによりコメントやメッセージへのお返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

少しずつですが必ずお返事させて頂きますので、もうしばらくお待ち頂ければ幸いです!



【 今日の えセレブ  的一口メモ 】



  ★  フランスのお菓子のコンベルサシオン! 栗を入れても美味しいですっ♪


    


cotta プレミアムメンバー


ハロウィンの新商品が登場していますよーーー♪


スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

パイComment(17)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...