えセレブ日記 オレンジのライムカスタードタルト♪

オレンジのライムカスタードタルト♪

►2014/04/27 21:30 

 

ふっふふーん♪ 今日のタルト、、、自信作ですっ♪ やっぱり美味しいお菓子ができた時ってテンション上がりますねー♪

完全に自分のインスピレーションを信じて暴走してみたお菓子なのですが、イメージ通りに仕上がって本当に満足〜 ☆

子供たちに付き合って公園で過ごしていると、とにかく緑に囲まれている時間が長い今日このごろ!

特に次男くんもチョロチョロするようになってきたため、砂場で一緒にドロドロになってみたり、緑が生い茂る草むらで小さなお花をつんでみたり、、、自然と季節を肌で感じています。

寒い日もまだありますが温かい日は日差しをうけていると「 温かい 」 というより 「 暑い 」 と感じることも。

4月と言えば春のお菓子をイメージするのですが、そんな環境で日々を過ごしているため気分はもう初夏☆

お菓子のレシピを考えていると、ついつい外で感じた 「 初夏の爽やかさ 」を表現したくなってしまい、今回のタルトが生まれた次第です♪



オレンジのライムカスタードタルト♪ 


★ オレンジのライムカスタードタルト ★

最初はクリームチーズをのカスタードを使ったタルトをと思っていたのですが、どうも私の今の気分には重い。 

今までカスタードにライムを入れるという試みはやったことも食べたこともなかったので、不安を感じながらの実験クッキングになったのですが、一口食べて思わずニンマリ♪ 美味しいっ!

今回はタルトに入れたけれど、色々とアレンジできそうな予感です♪

上の乗せるフルーツは、オレンジななくても苺でもOK☆ ライムと苺の相性も良いので作ってみたいなぁ♪

爽やかなスィーツがお好きな方はぜひぜひ試してみてくださいねー☆

ちなみに型は今回長方形のタルト型で作りましたが、何でもOK! お手持ちの型でチャレンジしてみてもらえたら嬉しいです☆




オレンジのライムカスタードタルト ベイクウェア 角タルト底取型 M 2台分 (21cm丸タルト型 1台)


【シュクレ生地】 
無塩バター     75g 
粉糖        50g 
全卵        25g 
アーモンドプードル 20g 
薄力粉       125g 
ベーキングパウダー 小さじ1/8 
卵黄        適宜(塗り卵)


【オレンジのマリネ】 
オレンジ      2個
グラニュー糖    25g
水         50cc
グランマニエ    大さじ1


【ライムカスタード】 
牛乳        200cc
グラニュー糖     60g
卵黄         50g
薄力粉        15g
無塩バター      10g
ライム果汁      大さじ1
ライム皮       1個分
生クリーム      100cc


シュクレ生地 
1.室温にもどした無塩バター75gを木べらで混ぜてやわらかくしておき、粉糖を何回かに分けて加えよく混ぜる。 
2.全卵を1.に少しずつ加え混ぜあわせる。 
3.ふるっておいたアーモンドプードルを2.に加え混ぜ合わせる。 
4.合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加え混ぜ合わせ、8割混ざったら生地をすりつぶすように混ぜ合わせる。 
5.ラップに包み、冷蔵庫で一晩ねかせる。 


オレンジのマリネ 
1.水を小鍋に沸かし、グラニュー糖を加え溶かし冷ます。
2.完全に冷めたらグランマニエを加える。
3.オレンジの皮を剥き、実を房から取り出す。(薄皮が残らないように注意)
4.2のシロップをオレンジに注ぎ漬けておく。(1晩以上)


ライムカスタード
1.ライムの皮をすりおろし、果汁を絞って大さじ1用意しておく。
2.牛乳を沸騰直前まで温める。
3.卵黄にグラニュー糖を加え白っぽくなるまで泡だて器ですり混ぜる。
4.薄力粉を一度にふるい入れ軽く混ぜる。
5.2.の牛乳を加えて溶きのばし、濾して小鍋に入れる。
6.ゴムベラで絶えず混ぜながら焦げないように注意し、艶が出て持ち上げるとタラタラと
落ちるくらいの固さになるまで中火で加熱し、クリーム状になったらライム果汁、ライムの皮を加えて混ぜる。
7.バットに薄く流し、乾燥しないようラップをかけ上から保冷剤、下は氷水にあてて一気に冷やす。
8.生クリームをボウルに入れ、氷水にあてながら泡だて器で混ぜ8分立てにする。
9.7.のクリームをボウルに入れゴムベラで混ぜたら、生クリームを2回に分けて加え混ぜ合わせる。


ライムカスタードタルト 
1.型にバターを塗っておく。
2.シュクレ生地を型に敷き込み、小さなフォークなどでピケして冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
3.アルミホイルかオーブンシートを型のふちまでしっかりとひき、タルトストーンを詰める
4.180度のオーブンで25〜30分、アルミホイルごとタルトストーンをはずし、底に
  卵黄を刷毛で塗り、もう一度オーブンに戻し3分ほど加熱する。焼き色を見て調節
5.ケーキクーラーに乗せて完全に冷ます。
6.ライムカスタードをタルトの中に絞り出し、オレンジをのせ、好みのデコレーションをする。

オレンジライムカスタード工程1    オレンジライムカスタード工程2   オレンジライムカスタード工程3


ご参考までに、、、


  ←今回のタルト型。2人分くらいのタルトに最適です☆



さてさて、つい先日新学期が始まったと思ったのに、もうGW、、、楽しまなくてはっ!!!

皆さんも良いGWをお過ごしくださいねー☆






【 今日の えセレブ  的一口メモ 】




   ★ ライムの香りのカスタード。。。これからの季節にぴったりです♪



   

      

cotta プレミアムメンバー








スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

タルトComment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

爽やか☆

こちらのタルト、記事を拝見して以来ずっと作りたいと思っていて、昨日やっと作れました(≧∇≦)
とはいえレポ書いていいものか迷うほどレシピいじってしまいましたがT_T
先ず肝心のライムがスーパーになくてレモンに。。グランマニエが家になくオレンジキュラソーに。。
そしてシュクレ生地にもレモンの皮を入れて、焼きあがったタルト生地に溶かしたチョコに生クリームを合わせたものを薄く塗りました。。
それ以外はレシピ通りです(^_^;)

レモンなので風味は違うと思いますが、とても爽やかで美味しかったです♡
ただ、カスタードに生クリームを合わせたものが、オレンジの重みに耐えられず、切る前は良かったんですが、切ったら徐々に崩れてしまいました…>_<…
途中で危険を感じたので、上に乗せていたオレンジを下ろし、横に添える形にしました(^_^;)
カスタードにもっと火を通せば良かったのかもしれません…>_<…
ヒトミさんの画像よりもカスタードが緩めで、ダレっとした感じでした。。冷やし足りないという線は無いと思うので。。
シュクレ生地もこの配合良いですね♡今後も愛用させていただきます(≧∇≦)
余ったクリームは、シュークリームに入れてみました♪( ´▽`)
これが夏らしくてとても美味しく、緩めに仕上がってしまった私のクリームさんを上手くフォローしてくれました(笑)

いつも素敵なレシピありがとうございます♡
美味しく頂きました(*^_^*)


No:9002 2014/06/27 23:54 | あっこっこ #-URL[ 編集 ]

あっこっこさん☆

あっこっこさん☆ 作って頂けたなんて嬉しいです(*^^*)

レモンも爽やかで美味しそう♪そこにうっすらとチョコレート。。
美味しそうで気になりますー☆

カスタードは火の入れ方で硬さが確かに変わってきますよねー!でも
柔らかめで爽やかなクリームをシュークリームに入れたもの、私も
食べたいですー♪

こちらこそ嬉しいつくれぽありがとうございましたー☆


No:9004 2014/07/02 09:52 | Hitomi #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...