えセレブ日記 カヌレ研究☆ 

カヌレ研究☆ 

►2015/10/31 16:35 

皆様ハッピーハロウィーン☆

今日は皆さんパーティーなどを楽しまれているのかな?我が家は、、、いたって日常です(笑)今日の夕食なんて鍋だし。。笑

今年はちょっぴり訳あって、ハロウィンパーティーなど開催できなかったので、おとなしく、地味~に過ごしております♪

そんなわけで、今日はハロウィンと全く関係ない話題ですが、、、ちょっとした研究のお話を♪

ずいぶん前から私の手土産の定番となっている「カヌレ」!

今までカヌレ型は銅型に憧れつつもお値段の問題からずっと「シリコンカヌレ型」 を使用していたのですが、このたびお仕事の関係から「銅型」でのレシピ研究をさせて頂けることに!

わぉ~!!! 銅型。。。テンション上がる~♪

。。。。がしかし!正直言って苦戦いたしました!今までどれだけ簡単に作っていたんだと反省!

何度となくカヌレ祭りを繰り返し、ようやく完成したのがコチラ☆


カヌレ銅型☆ 

★ カヌレドボルドー ★


カヌレ、、、生地作りは、はっきり言ってプリンと同じくらい簡単です! 寝かす時間は必要だけれど作業工程なんて本当にちょちょいのちょい!

が!しかし!難しいのは「焼き」なんですよねぇ。。。正直に話してしまえばその点「シリコンカヌレ型」は失敗がほとんない。

それとは逆に、本格派の「銅型」は、、、温度次第では見るも無残な失敗が起こってしまう(悲)

とにかく一気に温度を上げることが必要なのですが、それがうまくいかないと生地が見事に飛び出してしまい戻らず、肝心な底の部分(出来上がりの上の部分)が真っ白に。

私なりに調べまくり、しばらくは、、、カヌレ食べたくありません。ってくらい焼きようやく安定して焼けるようになりました☆




カヌレ  6個分


牛乳      250cc
グラニュー糖  120g
薄力粉     45g
コーンスターチ 20g
卵黄      40g(2個分)
卵白      20g(1/2個分)
無塩バター     15g
ラム酒     25cc
バニラビーンズ 1/2本


倍量で作る場合は、卵は卵黄3個と全卵1個なので計量しやすいです。


1.ボウルに薄力粉、コーンスターチ、グラニュー糖をふるい入れる。
2.バターを湯煎にかけるか電子レンジで溶かしておく。
3.さやを開いたバニラビーンズと牛乳を小鍋に入れ60度まで加熱する。
4.1.のボウルに卵黄、卵白をといたものを流し入れ泡だて器で混ぜ合わせる。
5.2.のバターを加え混ぜ合わせる。
6.3.の牛乳を加え、ダマが出来ないように注意しながら混ぜ合わせる(泡立てない)
7.一度濾してラム酒を加え混ぜ合わせる。(バニラビーンズのさやはボウルに戻し入れる)
8.ラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。
9.型にバターをたっぷりと塗り、生地を8分目まで入れる。(蜜蝋じゃなくてもOK)
10.260度の予熱したオーブンの設定を230℃にして上段で20分。下段にうつし50分。

※最初は一気に沸騰させることが必要なのでなるべく高温で熱し、沸騰後はそれを保ちつつ
   焦げないよう温度を下げたり、アルミホイルをのせたりして調節してください。


   オーブンによっても実際の庫内温度や癖などが違うため、最初はなるべく高温、
   その後焦げないよう温度を下げ1時間前後焼くというイメージでご自身のオーブンに
   合った焼き方を見つけて頂ければと思います。



カヌレ銅型カット☆ 

★ カットしたところ ★

焼き立てのカヌレ。この美味しさは作った人にしか味わってもらえない最高の瞬間なのですが、銅型カヌレ。やはり上手に焼けた時にはそれだけの価値はあります!

バリっとした食感の後に続く、中の独特なもっちり感! 100点満点カヌレが生まれます。

ただ、、、気まぐれと言いますが、じゃじゃ馬と言いますか、、、乗りこなすのが難しい(笑)さらに若干お高い。

「シリコンカヌレ型」はぶれなく80点くらいのカヌレが簡単にできる。そのため安心感がある。しかも1個当たりのお値段が格安。

でもねぇ。。。お菓子作りをしていると、銅製品って永遠の憧れと言いますか、、、テンション上がるんですよねぇ。

人からどちらがオススメですか?と聞かれれば、一人ずつ「あなたはこっち。あなたはそっち!」と分類したいくらい(笑)

って言っておきながら、自分で買うとしたら?と聞かれれば、私は何せ「えセレブ」。おそらく「シリコンカヌレ型」かなぁ。。だって自分の趣味にそこまでお金使ったら罪悪感が。

ってことで、どれにしょうか迷っていらっしゃる方に向けて比較画像♪



カヌレ型比較☆ 

★ 銅 & シリコン 比較 ★


はい。画像見ても悩むでしょうー(笑) あまり参考になってない?

しかも画像のシリコン型は色が違いますが、今はシリコン型でもゴールド仕様が出ていて、より一層悩む☆




【シリコンカヌレ型】

   ←税込み313円


成功率     ほぼ100%
出来上がり   安定して80点の美味しさ
テンション   普通。

※シリコンの性質上、バターや蜜蝋など粘土の高いものを塗るとシリコンの
性能が落ち型から抜けにくくなるため、カーレックスなどにする必要があります。




【銅製 カヌレ型】

  ←税込み1,058円


成功率     70%(一度成功する焼き方がわかれば上昇)
出来上がり   成功すれば100点満点
テンション   超上がる。オブジェとしてちょっと飾りたくなったりもする

※こちらはバターや蜜蝋などもちろんOK!




何て私個人の意見だけをまとめたリストなんでしょう(笑) 悩むでしょー☆  まとめてみたところで、余計に悩ませているだけかもとも思う。。。

リアルで知っているお友達などは、性格もわかるので「貴方は絶対シリコン派♪」と勝手に判断し、選択肢すら提示しておらずごめん。。友よ。。笑

あとご自宅のオーブンがパンなども焼かれていて、高温がしっかり出るタイプをお持ちの方は、ぜひ銅型にチャレンジしてもらいたいなーと個人的には思います☆

いずれにしても、カヌレは私自身の感想として、その手軽さの割に感動してもらえることが多いので、マスターしておいて損はないお菓子。

センスの良いお友達に「カヌレの焼ける女になりたいの!」とレッスンリクエストを受けたことがありますが、その時はうんうんさすがチョイスが素晴らしい!と私も思いました。

女子力高めたいかも~と思っているそこの貴方♪ ぜひカヌレの世界にチャレンジしてみてくださいねー☆





【 今日の えセレブ  的一口メモ 】




  ☆ カヌレ型。 材質によって全然違う! 好みに合わせて選んでみてくださいね!

   

      

cotta プレミアムメンバー




Instagram 

インスタにて季節ごとのオススメをアップ中☆
お気軽にフォロー頂ければ嬉しいです♪



スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

その他お菓子Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...