えセレブ日記 最愛の母☆

最愛の母☆

►2016/03/23 13:39 


今日は私事で恐縮なのですが、この場をお借りして自分の思いを綴りたいと思います。

先週の月曜日、最愛の母が64歳で急逝いたしました。

その日はホワイトデー。前日も普段と変わらず母とLineのやり取りもしており、連絡を受けた時には頭が真っ白になってしまいました。

信じられない気持ち。間違いであって欲しいという願い。交錯する感情の中、家族で名古屋に戻ったのですが、そこには悲しい現実が待っておりました。

2年前、脳梗塞で一度入院していたものの、その後の経過も良く安心していた矢先のことでした。

その日以来、現実を受け止めきれない自分と、ただただ目の前の問題を処理していかなくてはいけない事務的な自分。その狭間で揺れながら1週間を名古屋で過ごし、東京に戻ってきました。

14年前に父を亡くして依頼、一人娘だった私は母と二人三脚で過ごし、周囲からも友達親子と言われる、本当に仲の良い親子関係でした。

4年前に東京に引っ越してきてからは、毎日連絡を取り合い、喜び、悲しみ、全てを分かち合う相手でもありました。

忙しさのあまり悲しむ余裕すらなくこの1週間は過ごしてきたのですが、心にぽっかりと穴が空いてしまったようで、帰宅後は何をするにもボンヤリしてしまう自分がいます。

ただ母は、このブログ、インスタグラム、COOKPAD、全てを毎日毎日チェックしていくれていたようで、少しでも更新が滞ると「早くアップしてよー」と話してくれていました。

実際に母の遺品を整理したところ、私の掲載された本などが全て出てきた上、インスタグラムなどのフォロワーさんの数までも日記のようにつけてくれていたノートも見つかりました。

私の事をとにかく応援し続けてくれていた母。いつも自分の事は後回しで私のことばかり考えてくれていた母。

そんな母が今の私の姿を見たらどう思うのか。立ち止まっていることを望んでいないことだけは、はっきりとわかります。

すぐには無理かもしれないけれど、前を向いて進むことが何より母を安心させることに繋がるのだと思います。

一人っ子ゆえ、両親を亡くした今、何とも言えない不安感に苛まれることもあるのですが、支えてくれる主人、そして無邪気に私に甘えてくれる子供たちに救われています。

さらに私は親戚にも恵まれ、名古屋滞在中も信じられないほど協力して頂けたことで、本当に本当に救われました。

また母の友人、私の友人、皆さんに温かい言葉をかけて頂き、今の自分があると思っています。

自分は一人じゃない。支えてくれる人が大勢いること。こんな幸せな事実を見ないで後ろ向きの生活をすることは絶対に間違っている。

今朝は、ぼんやりとそんな事を考えておりました。

通常通りの事を、無理のないペースで進めていくこと。それが今の私にとって一番大事なのかとも思いますので、徐々にブログも通常のペースに戻していきたいと思っております。

今回のことで、助けて下さった皆様。そして温かいお言葉を下さった皆様。

改めまして、本当に本当にありがとうございました。今の私があるのは皆様のおかげです。

心より感謝申し上げます。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。



hitomi











スポンサーサイト

私のこと。。。Comment(6)Trackback(0) | Top ▲

コメント

以前に一度だけコメントさせていただいたhitomiさんの1ファンで1,3歳男子兄弟の母です。

突然のお母様のご逝去、ご冥福をお祈り申し上げます。

今のhitomiさんがあるのは無償の愛を捧げ続けてきたお母様あってのことですよね。

私も母親になり、自分の母親の偉大さを日々感じております。

1ファンとしてまたいつか素敵なhitomiさんのブログが見られることを楽しみに待っております。

今はゆっくりされ、またhitomiさんが少しずつ前に進めますように…

言葉足らずでいい言葉が思いつかず、すみません…。


No:9091 2016/03/24 21:38 | あゆみ #-URL[ 編集 ]

いつもブログを拝見させていただいてます。
突然のお母様のご逝去、ご冥福をお祈り申し上げます。
一人っ子ということで思わずコメントをさせていただきました。

同じように姉妹のような親子です。
私も父を亡くし、今は母も同居をしておりますが、一人っ子っ最後に一人残ってしまう気持ちがよくわかります。
我が家には子供がいないので。。
私もよく考えます。
優しいご主人、いとしい息子さんたち、そして素敵なご親戚の方、本当に素敵な方々が周りにいて愛されて。
私も父が亡くなったときにお友達に言われた言葉があります。
月日が経つと、よかった思い出がどんどん増えるからねと。

今すぐには元のようにとはならないと思いますが、焦らずゆっくりと。。
長くなりましたが、また拝見させていただきます。


No:9092 2016/03/25 23:47 | Olivegreen #2fLEWXmkURL[ 編集 ]

ご無沙汰しております。
以前、スノーボールの作り方を教えていただきました。

此の度は御母堂様の急なご逝去にあたり
衷心よりお悔やみ申し上げます。
まだお若くいらした御母堂様が突然
去られ、hitomi様そして残されたご家族様の悲しみは
いかばかりかとお察し致します。

沢山の無償の愛を注いでこられたお母様
その愛をいっぱいに受けてここまでこられたhitomi様

今はまだ本当にお辛いと思います。
お母様を存分に忍ばれて下さいませ。
必ずいつか、ご家族と共にお母様との思い出を笑顔で
思い返せる日が来るかと存じます。

後ろ向きになっても、立ち止まる事があっても
hitomi様には前を向くお力がおありです。
ですからどうぞ無理だけはなさならないで…

言葉が足らず申し訳ありません。
御母堂様のご冥福をお祈り申し上げます。


No:9093 2016/03/27 23:26 | ごろんた #-URL[ 編集 ]

>あゆみさん☆

温かいお言葉、本当に本当にありがとうございます。

忙しさが落ち着いてきて、ふとした時に何事も報告していた相手が
いなくなってしまったこと、本当に寂しくいたたまれなくなることも
あるのですが、こうして温かいメッセージなどを頂けることで
救われております。

こうしてブログを読んで下さっている皆さんから、こんなにも温かい
お言葉を頂けるなんて本当に幸せなこと。感謝の気持ちでいっぱいです。

一歩ずつ、一歩ずつ前進して、頑張っていきたいと思います。

本当に本当にありがとうございました☆


No:9094 2016/03/28 11:33 | Hitomi #-URL[ 編集 ]

Olivegreenさん☆

温かいお言葉本当にありがとうございます。

一人っ子の気持ちをわかって頂け、温かいコメントを頂けるなんて本当に
感謝の気持ちでいっぱいです。

普段はあまり兄弟が欲しいとは考えたことなかったのですが、いたらきっと
もう少し心強いのかなーと考えてみたり、、、とはいえ愛情を注いでもらえ
一人っ子でも幸せだったとも思うので、ないものねだりなのかなとも(*^^*)

月日が経つと、よかった思い出が増える。なんて心に響くお言葉なんでしょう。
今はまだ、あんなことをしたかった、こんなことをしておけば良かったと思いがちですが
そのお言葉を胸に過ごしたいと思います☆

本当に本当にありがとうございました☆


No:9095 2016/03/31 10:46 | Hitomi #-URL[ 編集 ]

ごろんたさん☆

温かく心のこもったお言葉本当にありがとうございます。

無償の愛を注いでもらったこと、本当にそのおかげで今の私があると
思うので、そんな母の気持ちにもこたえていかなければなと思います。

まだまだ母の事を想うと、つらい気持ちの方が大きいのですが、
穏やかに思い出を話せる日が来るよう、今はゆったりと過ごしたいと思います。

たくさの方々にこうして温かいお言葉を頂けることが、前を向く力の源であるとも
感じる今日この頃。感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に本当にありがとうございました☆


No:9096 2016/03/31 10:51 | Hitomi #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...